実践!腸脳力

価格: ¥1,320 (税込)
[ポイント還元 39ポイント~]
数量:

twitter

【腸】から始める【元気】の作り方



著者:長沼敬憲
判型:四六判
頁数:224頁


自分のことは腸(ハラ)に聞いてみよう!!
腸 は「パワーの源」、そして「自分を生かす土台」。


お腹が空いたから動く。食べて満足する。
それは生きることの原点であり原動力。
頭で考えてばかりいてもうまくはいかない。では、どうしたらいいのか?
カラダの中心「腸」から生命力を引き出し、心地よく元気に「生きる力」を身につける大好評『腸脳力』第2弾!
生きるとは食べるということ、「玄米ごはん」をすすめる本当の理由、自己を発酵させ、生命力を高める…etc、腸を元気にすれば脳も元気になる!


CONTENTS

●はじめに  まずは「お腹で感じる」ことから始めよう!

●第1章 生きるとは食べるということ
  ・ポイントは「食べ物を細胞へいかに運搬するか?」
  ・流通システムのトラブルが「メタボ」の原因
  ・免疫が進化することで病気が増えた?
  ・「食べたい!」という欲求が「感情」の原点
  ・「腸」と「心」と「ストレス」の深いつながり
  ・「お腹」が落ち着くと「心」も落ち着く?
  ・「動物」は「植物」を食べて生きている
  ・植物の養分(糖)をいかに摂取するか?
  ・調理によって「食べ物と腸の相性」を高める
  ・肉類は脳と相性がいい食べ物

●第2章 腸を元気にする微生物とのつきあい方
  ・悪いものを完全に排除しない免疫の仕組み
  ・体内に共生している「他者」とどうつきあうか?
  ・アタマ(脳)ではなくハラ(腸)で感じるには
  ・「生きた菌が腸に届く」ことにどこまで意味があるか?
  ・大事なのは「善玉菌のエサ」を増やすこと
  ・消化できない食物繊維が必要な理由
  ・日本生まれの発酵食品にもっと注目しよう!
  ・味噌や納豆が「腸に優しい」のはなぜか?
  ・「細胞の生命力」をいかに高めるか?

●第3章 ミトコンドリアを元気にする食べ方
  ・食べて呼吸するのはミトコンドリアのため?
  ・猛毒だった酸素をエネルギーに変えた「救世主」
  ・細胞内で働く「小さな工場」と「大きな工場」
  ・生物を進化させた究極のエネルギー製造工場
  ・ミトコンドリアを助けるビタミンやミネラル
  ・「解糖系」を使いすぎると糖尿病になる?
  ・活性酸素が「ミトコンドリア工場」を錆つかせる
  ・「生命力の高い植物」が細胞を元気にする
  ・「菜食」や「自然な食べ物」にとらわれすぎても
  ・生命は呼吸することで進化をした
  ・ストレスケアがミトコンドリアを元気にする

●第4章 心と体を安定させる「朝のファスティング」
  ・タンパク質をリサイクルする「オートファジー」
  ・飽食していると感染症にかかりやすくなる
  ・「腹八分目」にはデメリットもある
  ・「朝のファスティング」で細胞のゴミをクリーニング
  ・ファスティングでローフード(生食)をすすめる理由
  ・甘いものの摂りすぎはイライラにつながる
  ・コーヒー・紅茶では水分補給にならない
  ・成分だけ調べても水の本質はわからない
  ・食べ物の「酵素」をどう評価するか?
  ・生命は「タンパク質の塊」ではない
  ・「生命力」は食べ物の質に左右される
  ・「生命をいただく」ことが食事の基本

●第5章 「肉食」は身体に良いのか、悪いのか
  ・肉を食べなくても元気だった日本人
  ・独自の「ハラの文化」のベースになった発酵力
  ・「健康長寿」と「生命力」はイコールではない
  ・「柔よく剛を制する」を可能にしたもの
  ・ヒトは肉食によって進化してきた
  ・脳の肥大化がもたらした「負の遺産」
  ・「拡大発展病」にあまり罹患しなかった日本人
  ・「悟り」の目的はサルの時代に回帰すること?
  ・大事なのは「身体の声を聞く」こと
  ・「いい加減な菜食主義」を目指そう

●第6章 「玄米ごはん」をすすめる本当の理由
  ・「玄米菜食」は日本の伝統食ではない?
  ・脚気は「ミトコンドリア工場」のトラブル?
  ・植物のタネから「生命」をいただく
  ・玄米を発芽させる必要があるのはなぜ?
  ・玄米が美味しくないのは「生命力が低い」から?
  ・「快」を求めることこそ究極の本能
  ・「丸ごと食べる=生命をいただく」を意識しよう
  ・コメを通じて「植物の生命」を吸収する
  ・「ごはんと味噌汁」でまずは原点回帰
  ・「日本」にないものが「イタリア」にある

●第7章 自己を発酵させ、生命力を高める
  ・「なぜうまくいったか?」を問いかけてみる
  ・「守破離」のプロセスでコツをつかむ
  ・「脳の食事」と「腸の食事」の理想的な割合は?
  ・発酵か腐敗か、それが問題だ
  ・「衣・食・住」のすべてを発酵させる
  ・食べられない「鉱物」も大事なエネルギー源
  ・数値化できない世界にいかにアプローチするか?
  ・この世界の「価値」は「質」によって決まる

●おわりに 感じる力を身につけ、自由に生きる


生命科学情報室代表/サイエンスライター 長沼敬憲(Takanori Naganuma)
1969年、山梨県生まれ。サイエンス・エディター&ライター。明治大学農学部卒。20代の頃より身体論、生命論に興味を持ち、身体感覚としてのハラの重要性に着目。30代で医療・健康・食・生命科学の分野の取材を開始したことを契機に、新谷弘実氏、安保徹氏、森下敬一氏、光岡知足氏、村上和雄氏、栗本慎一郎氏、土橋重隆氏をはじめ同分野の第一人者の知遇を得る。また、5年前よりエネルギー波動の臨床的研究を行う種本丈司氏の指導を受け、食と生命、身体(肉体・感情・意識)との関わりについて理解を深めている。2011年8月、「生命科学情報室」を開設、公式ホームページをオープン。同年12月、『腸脳力~心と身体を変える 【底力】は【腸】にある』(BABジャパン)を刊行。「月刊秘伝」誌にて「腸能力を磨け!」「秘伝・生命栄養学」「現代兵糧食のススメ」を連載。

★生命科学情報室 Web Site http://seimei-kagaku.info/
★書籍『腸脳力』専用サイト http://chou-nou-ryoku.jimdo.com/


関連商品

腸脳力

¥1,320(税込)

数量:

オプトロジー入門

¥1,870(税込)

即やせ!ヌンチャク術から生まれたヌントレダイエット

¥1,540(税込)

数量:

脳波にはたらきかけて健康になる シータヒーリング

¥1,540(税込)

数量:

仙骨姿勢講座

¥1,540(税込)

数量:

賢い人は、早く治る!知らない人は、治らない

¥1,650(税込)

メンタルケアのための栄養レッスン 精神科医の栄養療法

¥1,540(税込)

歩けるからだになるために

¥1,650(税込)

数量:

商品カテゴリ

  • あんしんクレジットカード決済システム

ページトップへ